なぜ銀行おまとめローンの審査に通らない?その理由は?

銀行は金利が低いのでおまとめローンに適していますが、審査も厳しくなるので、次のような点に注意が必要です。まず、借り入れ総額が高いと審査は厳しくなりますが、総額よりも借り入れ数の方が重要になります。2社から150万円ずつ借りている場合と4社から50万円ずつ借りている場合、前者は信用を得て限度額の引き上げができているのに対し、後者は問題があって信用を得られず、契約数を増やすことで利用額を増やしているため、総額は前者の方が総額が高くても信用を得やすくなります。5社以上から借りていると審査にはほとんど通らなくなります。
おまとめローンもカードローンと同様に個人信用情報機関の記録を参照するため、返済の遅延や債務整理をしていると審査に通りません。おまとめローンを利用するのであれば、早めに行動して遅延を起こさないようにしましょう。
債務整理に関しては注意が必要です。過払い金請求も処理上では債務整理として扱われるため、タイミングを間違えるとおまとめローンの審査に落ちる原因になります。過払い金請求は完済した債務に行う場合には債務整理にはなりません。返済中のものでも引き直し計算で残高が0になれば記録は削除されますが、一時的に記録された状態になるため、その期間は審査に影響が出ます。残高が0にならないと5年間は記録が残ります。そのため、過払い金があることが分かっていても、まずはおまとめローンへ借り換えを行って元の借金を完済しておき、それから返還請求を行うと良いでしょう。